親近感を推していこう

まいどお世話になっております。しまだです。

さぁ明日は大切なお仕事頑張りますよ。

自転車の写真

先日ネットからお問い合わせいただいた方に、うちにお問い合わせをいただいたきっかけを聞いて見たところ、

「自転車の写真があって、それが良かった」

とのこと。

自転車の写真といえば、Facebookページです。

 

Facebookページほとんど更新してないんですが、あんまりそういうことでもなかったみたいで。

「私も最近自転車で移動することが多いので」

とのこと。

 

なるほど。

親近感を感じていただけた、ということですね。

コンテンツの充実とかそういうのとは違う角度から選んでいただけたわけですね。

いいですね。いい傾向ですね。

僕が担当してる近畿税理士会生野支部のホームページもまさにそういう方向性なんですが、最近は人柄とか人間性を推していく時代なんじゃないかと思ってまして。

 

もちろんコンテンツが充実してるとか価格が良心的とかも大事なんでしょうけど、それよりもフィーリングが合いそうかどうかを重視して選んでもらえるようにしていくべき時代なんじゃないかと。

「どんな人か」が伝わるようにやっていくことが大切だと感じましたね。

とりあえず自転車の写真を増やそうかな(笑)

 

以上、しまだでした。

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

島田 明
島田 明税理士
昭和49年生まれ、大阪市生野区出身。
個人事業主である父親が日々の仕事で忙しいなか帳簿付けに苦心している姿を見て、その負担を軽くしてあげたいとの思いから税理士を志す。
大学卒業後、複数の会計事務所にて実務経験を積むが、どの事務所でも法人の顧客が優遇され個人事業主が軽視されている風潮があることを感じ、そこに疑問を抱く。
「法人組織でも個人事業でも夢を追い生活をかけて仕事に取り組んでいることに変わりはない。僕の父も個人事業主として仕事をして家族を養ってくれた。もっと個人事業主に対してきちんと向き合ってくれる税理士がいてもいいのでは」との思いから、平成23年に独立した後は個人事業主に特化して事務所運営を展開している。