ブログは書こうと思わないと書けませんね

まいどお世話になっております。しまだです。

11月1日になりました。もう11月です。あと2ヶ月で今年も終わりますよ。早いですねぇ。

ブログを書かないでいいと決めると本当に書かないもので。たまに気が向いたりしてちょっとぐらい書くだろうと自分では思ってたんですが、いやぁ書きませんね。すっかり油断して1ヶ月ぐらい放置しています。やばいですねぇ、せっかく2年頑張ったのにGoogle先生に嫌われてしまったらどうしましょう。

そんなことを思ってキーボードを打ち始めたものの、特に着地点があるわけでもないので困っています。1ヶ月も何も書かなかったんだからさぞネタが貯まってるんじゃないかと思われるかもしれませんが、そんなわけないじゃないですか。ネタなんてものは集めようと思わないと集まらないんですよ。ブログを書こうと思ってない人にブログのネタは近づいてきません。

何か美味しいものを食べたときに「あ、これブログに書こう」と思うかどうか。

何か綺麗なものを見たときに「あ、これ写真撮ってブログに載せよう」と思うかどうか。

ブログを書くってことを意識していないと、日々の出来事は漫然と通過していってしまいます。「書くことがない」と思っている人は、「書こうとする意識がまだ弱い」ということなんだと思います。もちろん今の僕も含めて。

日々のお仕事のことでも。趣味や好きなもののことでも。「新しいiPadが出るね」ということでも、今日の日本シリーズの結果でも。書こうと思えば意識して見るし、調べるし、考えますよね。「そっちへ行こう」という意識の有無が大切だなぁと今改めて思っています。

ブログを続けるのは難しいものです。それだけ強い気持ちが、覚悟がいるから。やめることは本当に簡単。どんな内容のブログでも、続けているっていうだけで本当にすごいこと。それが何かの成果に繋がっているなら尚更すごいこと。

楽な儲け話がないように、楽なブログ更新もないんでしょう。もはや人生の修行ですね(笑)。

ではまたそのうち。

Follow me!

投稿者プロフィール

島田 明
島田 明税理士
昭和49年生まれ、大阪市生野区出身。
個人事業主である父親が日々の仕事で忙しいなか帳簿付けに苦心している姿を見て、その負担を軽くしてあげたいとの思いから税理士を志す。
大学卒業後、複数の会計事務所にて実務経験を積むが、どの事務所でも法人の顧客が優遇され個人事業主が軽視されている風潮があることを感じ、そこに疑問を抱く。
「法人組織でも個人事業でも夢を追い生活をかけて仕事に取り組んでいることに変わりはない。僕の父も個人事業主として仕事をして家族を養ってくれた。もっと個人事業主に対してきちんと向き合ってくれる税理士がいてもいいのでは」との思いから、平成23年に独立した後は個人事業主に特化して事務所運営を展開している。