申告期限及び納付期限が延長されました

まいどお世話になっております。しまだです。

新型コロナウィルスの拡散防止のため、確定申告期限及び納付期限が延長されることになりました。

申告期限・納付期限の延長

申告期限及び納付期限は、以下のように延長になります。

税目 当初の期限 延長された期限
申告所得税 2020年3月16日 2020年4月16日
個人事業主の消費税 2020年3月31日 2020年4月16日
贈与税 2020年3月16日 2020年4月16日

 

4月16日まで延長されたということで、所得税で1ヶ月、消費税で半月程度の時間的余裕が生まれました。

「ラッキー、まだのんびりできるわー」とか思ってる人は要注意です。そういうタイプの人は結局ギリギリまでやらないタイプ。4月になってから慌てないよう、早めに終わらせてしまいましょうね。

また、期限の延長に伴い、振替納税(銀行からの自動引落)の振替日も延長になるとのこと。こちらはまだ具体的な日程の発表がありません。正式な発表があるのを待ちましょう。

拡散防止のために確定申告相談会の中止を検討してもらいたい

今回の措置は新型コロナウィルスの拡散を防止するため判断されたものです。。新型コロナウィルスの拡散防止のため、現在多くのイベントや集会が中止・自粛になっています。また、安倍首相自らが学校の休校を要請するなど、とにかく多くの人が集まる場所をなくすことで感染が拡大しないことを目指す、という方向性なのでしょう。

であれば、税務署や各種団体が主宰する確定申告の相談会場自体を中止するのが本筋だと思います。でも、「相談会場で教えてもらわないと確定申告できない」という納税者があまりにも多いのが今の日本の現状なんでしょう。期限を延長することで1日あたりの来場者数を少なくし、感染リスクを抑えて何とか乗り切る、というのが現実的な選択肢になったのかと思います。

ただ、期限が1ヶ月延長されたことによって1日あたりの来場者は少なくなるかもしれませんが、その分相談会場での感染リスクが1ヶ月間長引くことになります。納税者は1日来場するだけですが、税務署職員はそこに毎日ずっと居続けなければいけません。私たち税理士も相談員として期間中何日も朝から夕方まで従事しなければいけません。

「確定申告会場での集団感染」を心配しています。もちろん自分自身の健康や生命が危険にさらされることへの抵抗感も強いです。「感染する可能性がありそうなところへは行きたくない」というのは通常の感覚ではないかと思います。

今のところ、相談会場を中止するという話は聞こえてきません。税理士会がそのような要請をしたという噂も聞きません。「いつも通り・去年通り」に物事が進んでいくのでしょう。

こっそりと期待しているのは、表側に聞こえてこないだけで実は裏では「全国の税理士の健康と生命を守るため、相談会の中止を要請する!中止されないなら税理士は派遣しないぞ!」みたいな熱い戦いをしてくれていることなんですけどね。

自分の身は自分で守るしかありません。マスク・手洗い・うがいといった対策はきちんとやりましょう。個人事業主は自分の体一つが資本です。代わりはいません。体調管理に気をつけて、健康でこの局面を乗り切りましょう。

 

Follow me!

投稿者プロフィール

島田 明
島田 明税理士
昭和49年生まれ、大阪市生野区出身。
個人事業主である父親が日々の仕事で忙しいなか帳簿付けに苦心している姿を見て、その負担を軽くしてあげたいとの思いから税理士を志す。
大学卒業後、複数の会計事務所にて実務経験を積むが、どの事務所でも法人の顧客が優遇され個人事業主が軽視されている風潮があることを感じ、そこに疑問を抱く。
「法人組織でも個人事業でも夢を追い生活をかけて仕事に取り組んでいることに変わりはない。僕の父も個人事業主として仕事をして家族を養ってくれた。もっと個人事業主に対してきちんと向き合ってくれる税理士がいてもいいのでは」との思いから、平成23年に独立した後は個人事業主に特化して事務所運営を展開している。

前の記事

気づけば2月