個人事業主の税務カレンダー(2019年11月)

毎度お世話になっております。しまだです。

11月になりました。気候はすっかり秋らしく、朝晩ともなると寒さを感じることも多くなってきました。

気が付けば今年も残り2ヶ月。個人事業の皆さんにとっては決算期が近づいてきました。年内の売上もある程度目途が立ってきたのではないでしょうか。利益の予測・税額の予測を早めにして、来年の確定申告に向けた準備をしておけば、心穏やかに年末を迎えられますよ。

では今月の税務カレンダーです。

個人事業主の税務カレンダー(2019年11月)

11月11日

10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

11月15日

所得税の予定納税額の減額申請

12月2日

<所得税>

所得税の予定納税額の納付(第2期分)

特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付

<住民税>

個人事業税の納付(第2期分)

<消費税・地方消費税>

個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告

消費税の年税額が400万円超の個人事業者の3月ごとの中間申告

年税額が4,800万円超の個人事業者の1月ごとの中間申告

 

該当する手続きがある方はお忘れなく。

今月も皆さんが商売繁盛でありますように!

 

Follow me!

投稿者プロフィール

島田 明
島田 明税理士
昭和49年生まれ、大阪市生野区出身。
個人事業主である父親が日々の仕事で忙しいなか帳簿付けに苦心している姿を見て、その負担を軽くしてあげたいとの思いから税理士を志す。
大学卒業後、複数の会計事務所にて実務経験を積むが、どの事務所でも法人の顧客が優遇され個人事業主が軽視されている風潮があることを感じ、そこに疑問を抱く。
「法人組織でも個人事業でも夢を追い生活をかけて仕事に取り組んでいることに変わりはない。僕の父も個人事業主として仕事をして家族を養ってくれた。もっと個人事業主に対してきちんと向き合ってくれる税理士がいてもいいのでは」との思いから、平成23年に独立した後は個人事業主に特化して事務所運営を展開している。